ボーナスの使いみちは?

 

 

ボーナスの時期になると、考えるのがその使い道。

普段は財布のひもを固く締めて我慢していても、この時ばかりは自分にご褒美をって人も多いのでは?

周りはボーナスの使い道、どうしているんでしょうか。

使い道やボーナスで購入したい人気商品を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ボーナス、自由に使えるお金はいくら残る?

 

 

ボーナスの一部を税金やローン返済、生活費に充ててたりという方は多いと思います。

また、ボーナスをあてにして一括払いを組んでいる場合もあるでしょう。

 

そこで、ボーナスから支払いに充てる金額を差し引いて、実際にいくら残るのか。

価格.comリサーチの調査によると2015年夏のボーナス時にこんなデータが出ています。

 

 

ボーナス、実際に自由に使える金額

 

 

10万円以上が49.3%で実に半数近くになります。

 

前年(2014年)調査では10万未満が半数以上、自由に使えないが12%弱。

それに比べると、だいぶ自由に使える金額が増えたことに。

 

では、自由に使えるお金を一体何に使うのでしょう?

 

 

 

ボーナスの使い道は?

 

 

ボーナスの消費目的 調査時期 この目的に
お金を使う人の
平均消費金額
平均消費金額
の前年比
この目的に
お金を使う
人の割合
お金を使う人の
割合の増減
貯金 2015年夏 195,874円 7.6% 70.0% 1.0
2014年夏 182,031円 69.0%
商品・サービスを購入する 2015年夏 73,508円 11.8% 65.6% 1.9
2014年夏 65,732円 63.8%
旅行・外出をする(国内) 2015年夏 62,906円 1.6% 43.8% 3.9
2014年夏 61,902円 39.9%
ローン返済 2015年夏 187,677円 0.6% 36.8% -5.9
2014年夏 186,531円 42.8%
子供の教育費 2015年夏 145,573円 2.6% 31.5% -0.5
2014年夏 141,953円 32.0%
金融商品(投資信託、株式等)の購入・外貨預金など 2015年夏 166,402円 27.6% 15.8% 3.7
2014年夏 130,386円 12.1%
旅行・外出をする(国外) 2015年夏 159,586円 9.0% 10.1% -0.6
2014年夏 146,366円 10.7%
金融商品(投資信託、株式等)の補填 2015年夏 142,357円 33.8% 9.4% 1.1
2014年夏 106,400円 8.4%
その他 2015年夏 95,641円 13.5% 29.7% -3.7
2014年夏 84,266円 33.3%

※平均消費金額は、「お金を使う予定はない」と答えた回答者数を除いて算出しています。

 

 

 

使い道のトップは「貯金」ですね。

「商品・サービスの購入」は前回と比べ回答割合はさほど変わらないのに対して、平均消費金額が11%増となっています。

つまり、それだけ予算を多めにとっているということですね。

何を買うかについては次の項目で見てみようと思います。

 

 

 

他に目立つのは、「金融商品の購入・補てん」の項目です。

貯金のほかに、個人的に資産運用を行っている人、始める人が多いようです。

アベノミクスによる株価上昇などが話題になったことも一因とは思いますが、

不透明な将来に向けて、自分でも対策をしておかないといけないと考える人が増えたともいえるでしょう。

 

 

ボーナスで買いたいもの、人気は何?

 

 

ボーナスで購入する商品

 

 

ボーナスで買いたいもの、トップは「洋服・ファッション関連」でした。

また、パソコン・カメラ・スマートフォンをはじめ家電の人気も高いですね。

 

やはり、普段は高額で手が出しづらいものをボーナスのタイミングで購入に踏み切る人が多いです。

 

 

まとめ

 

・ボーナス、自由に使える金額は10万円以上が半数近くに

・使い道、トップは「貯金」、金融商品購入額も増加傾向

・買いたいものトップは「洋服・ファッション関連」

 
最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなた自身のボーナスの使い道、決まっていますか?

それともこれから考えるところでしょうか。

この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

 

 

 

スポンサーリンク