年末ジャンボ宝くじの当選確率は?当選確率を上げるお得な買い方とは?

 

 

1等前後賞あわせて10億円!!

 

 

年末恒例の年末ジャンボの時期、宝くじのCMを目にする機会も増えました。

10億って数字、インパクトありますよね。

当たったらどうするか夢想するだけでも夢があります。

当然、当選確率も夢のような数字だったりしますが…^^;

 

 

とはいえ、買わなきゃ夢も見れない。

でもせっかく買うなら少しでも当たりに近づきたい!

そんな方のために、確率の上がる宝くじの買い方を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まずは2015年の年末ジャンボの概要から

 

名称 年末ジャンボ宝くじ(第688回 全国自治宝くじ)
発売期間 平成27年11月25日(水)~平成27年12月22日(火)
発売予定額 1,620億円(27ユニット ※1ユニット 2,000万枚)
発売地域 全国
発売元 全国都道府県及び20指定都市
価格 1枚300円
抽せん日 平成27年12月31日(木)
抽せん会場 赤坂ACTシアター

 

等級等 当せん金 本数
1等 700,000,000円 27本
1等の前後賞 150,000,000円 54本
1等の組違い賞 100,000円 5,373本
2等 10,000,000円 540本
3等 1,000,000円 5,400本
4等 50,000円 54,000本
5等 3,000円 5,400,000本
6等 300円 54,000,000本
70周年記念賞 700,000円
10,800本

 

以上は宝くじの公式HPサイトに掲載されている情報になります。

>宝くじHP

 

 

では、各等級あたりの当選確率はどうなるのでしょうか。

 

 

当選確率はどうなる?

 

 

上記の当選本数は27ユニットの場合の数になります。

したがって、1ユニットあたりの当選本数は27で割った数になります。

そして、1ユニットは2,000万本で構成されているということなので、この数で割ったものが当選確率になります。

 

 

それを踏まえると、

等級等 当せん金 当せん確率
1等 700,000,000円 2,000万分の1
1等の前後賞 150,000,000円 2,000万分の2(1000万分の1)
1等の組違い賞 100,000円 2,000万分の199
2等 10,000,000円 2,000万分の20(100万分の1)
3等 1,000,000円 2,000万分の200(10万分の1)
4等 50,000円 2,000万分の2,000(1万分の1)
5等 3,000円 2,000万分の200,000(100分の1)
6等 300円 2,000万分の2,000,000(10分の1)
70周年記念賞 700,000円
2,000万分の400(50万分の1)

 

 

上位になればなるほど0が多すぎて、もはやよく分からないです(笑)

個人的には5等は当せんしたことがありますが、これで100分の1=1%

その上の4等で1万分の1=0.01%

こうしてみると、4等ですらすごい気がしてきます。

 

 

なお、昨年までの年末ジャンボは、1ユニット=1,000万枚でした。

しかし、1等賞金の関係か、今年は1ユニット=2,000万枚になっています。

その影響で1等の当せん確率も例年(1,000万分の1)に比べると半分になっています。

 

 

 

当せん確率の上がる買い方、その前に代表的な2つの買い方から

 

 

枚数を買えば買うほど確率は上がるわけですが、同じ枚数買うとしても少しでも当せん確率を上げたい!

そのためにはどんな買い方をすれば良いのでしょうか。

 

 

当せん確率の上がる買い方を紹介する前にまずは代表的な2つの買い方を見てみましょう。

代表的な買い方には連番とバラの2つがあります。

ご存じの方がほとんどだとは思いますが、それぞれの特徴をまとめると以下になります。

 

 

連番

組が同じで、番号が連続している10枚・1口のこと

 

バラ

違う組で番号が連続していない10枚・1口のこと

 

 

連番のメリットとしては、

1等前後賞が狙える

確実に6等を狙える

 

 

一方のバラのメリットは、

1枚1枚の当せんの期待感が楽しめる

 

 

連番で買ってもバラで買っても確率論の上での期待値に違いはないです。

しかし、10枚で購入した場合、実際にはバラで購入した方が連番に比べて、

1等・前後賞に当せんする確率が2.5倍高い、と言われています。

 

 

つまり

「1等前後賞まとめて当たるには連番の方が確率が高い」

「1等前後賞いずれかに当たるにはバラの方が確率が高い」

ということになります。

 

 

 

当せん確率の上がるお得な買い方とは?

 

 

それではいよいよ本題の当せん確率の上がる買い方を見ていきましょう。

ここでは2通りの購入方法をご紹介します。

 

 

①縦バラ(予算:9000円)

 

一つめは“縦バラ”と呼ばれる買い方です。

通常バラで買うと前後賞を狙えません。

しかし、縦バラで購入すると連番3枚が10通り購入できます。

例をあげると、

10組100345 10組100346 10組100347

23組087612 23組087613 23組087614

…        …         …

 

こうすることで、連番とバラの長所を組み合わせて購入することができるというわけです。

 

 

②特バラ(予算:30,000円)

 

二つ目は“特バラ”と呼ばれる買い方です。

3万円分のバラを、下2ケタすべて違う数字になるように100通り購入するというもの。

つまり、1枚1枚はバラなのに、下2ケタだけ見ると00~99まで連番になっているという買い方。

 

この買い方であれば、6等(3,000円)1本、7等(300円)10本の当せんは確実です。

30,000円で購入して6,000円は確実に見込める。

言い換えれば、定価の20%引きで宝くじを購入できるということです。

こちらも連番とバラの長所を組み合わせたお得な買い方と言えます。

 

 

まとめ

 

・2015年年末ジャンボ、1等の当せん確率は2,000万分の1

 

・お得な宝くじの買い方=①縦バラ ②特バラ

 

いかがでしたでしょうか?

買い方を工夫することでこんなに違いが出るものなんですね。

せっかく購入するなら、少しでも当せんに近づくお得な買い方をしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク