年賀状、いつまでに投函すれば元旦に届く?

 

 

クリスマスが終わるとすぐに年越しの準備、12月は慌ただしいですね。

そんな慌ただしい中準備しないといけないのが、年賀状の発送。

仕事をしている方だと、年末休暇に入った途端に始める方もいらっしゃるかも。

(かくいう私もそうです^^;)

とはいえ、せっかく送るのならしっかり元旦に届けたいものですよね。

そこで、いつまでに投函すれば元旦に届くかについて調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本郵政によると…

 

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日(火)までに差し出していただきますようお願いします。 12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。

引用元:
https://www.post.japanpost.jp/whats_new/2007/0831_02.html

 

2016(平成28)年用年賀はがきの引受開始は12月15日(火)からになります。
年賀状は12月25日(金)までにお出しください。

引用元:
https://www.post.japanpost.jp/question/140.html

 

いずれも日本郵政HPからの引用です。

12月25日までの投函でより確実に元旦に届けられるようです。

(“保証”まではうたってないですが)

 

では、26日以降の投函の場合はどうなるのでしょうか?

 

 

26日以降の投函の場合は?

 

26日以降の投函についても、できる限り元旦に間に合うように配達してくれるということです。

 

具体的な目安としては、

・近隣都道府県なら…12月27日午前中なら、元旦に届く可能性が高い

・同一都道府県内なら…12月28日までに出せば、元旦に届く可能性が高い

・同一市内(同じ郵便局管轄内)なら…12月29日までに出せば、元旦に届く可能性が高い

 

 

郵便局によって人手や配達枚数などの違いもあるため、あくまで可能性の話です。

可能性が高いだけで、確実に間に合うというものではないので注意が必要です。

 

 

29日より後の投函の場合は、

・29日以降の投函は1月1日以降に順次配達

 

 

 

 

 

ポスト投函時の投函日の基準について

 

年賀状の投函日について、一つ注意したほうがよいポイントがあります。

それは、郵便ポストに投函する場合です。

 

郵便ポストは集荷時間が決まっており、ポストの横にその時間が記載されています。

ポストに投函する時間が最終集荷時間よりも後の場合は、翌日の集荷になります。

 

ですので、ポストに投函する場合は集荷時間に注意してください!

 

 

 

【まとめ】元旦に届くように年賀状を発送するためには…

 

・12月25日までの投函でほぼ確実

▼確実性は下がるものの▼
・「近隣都道府県なら」12月27日午前中までの投函で元旦着の可能性が高い
・「同一都道府県内なら」12月28日中の投函で元旦着の可能性が高い
・「同一郵便局管轄内なら」12月29日中の投函で元旦着の可能性が高い

 

いかがでしたでしょうか?

こうしてみると、クリスマス終わってから取りかかりはじめるペースだとちょっと遅いですね。

 

理想としては12月上旬のうちに準備をしておいて、クリスマスまでには発送!

…というスケジュールが良いと思います。

(と頭では分かっているもののなかなか実践できないズボラな管理人です…^^;)

 

 

 

 

スポンサーリンク