年賀状、いつまで出せる?いつまで大丈夫?間に合わなかった場合はどうすれば良い?

 

 

新年のご挨拶がわりの年賀状。

新しい年の始まりは気持ちよくはじめたいですよね。

当然ながら、失礼や粗相のないようにしたいものです。

 

とはいえ、

「年賀状の投函が遅くなった。」

「年賀状が届いたけど、こちらから送ってなかった。」

など、年賀状の投函が遅くなってしまうケースも。

 

そこで、いつまでなら年賀状を投函しても失礼がないか

またその期間に間に合わなかった場合はどうするかについてまとめました。

 

 

【参考記事】
年賀状、いつまでに投函すれば元旦に届く?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

年賀状は松の内!

 

一般的には年賀状は松の内と言われています。

 

松の内とは、門松を飾っておく期間のことを指します。

関東では1月7日、関西では1月15日と地域によって差があるようです。

ただ、現在は全国的に1月7日が定着してきているようです。

 

 

 

年賀状と消印の関係

 

唐突ですが、一つ質問です!

 

一般の郵便物は消印がありますが、年賀状には消印がないって皆さん気づいてました?

「気にしてなかったけど、言われてみれば」って方、多いんじゃないでしょうか。

 

厳密にいえば1月7日までに投函された年賀状は消印がなく、8日以降は消印される。

言い換えれば、7日までに投函すれば年賀状扱い、8日以降は通常のはがきと同じ扱いと言えます。

つまり、消印の観点から言っても年賀状を出せるのは1月7日までということですね。

 

 

ただし、相手に届くのが8日以降になる場合は注意が必要です。

相手がはがきを確認するのが松の内を過ぎることにもなるので、相手によっては気にされるかも。

その場合は下記の方法で送るのが良いです。

 

 

7日を過ぎた場合は?

 

7日を過ぎて投函する場合、あるいは相手に届くのがそれ以降になる場合は寒中見舞いを送りましょう。

 

寒中見舞いの寒中は、二十四節気の小寒~大寒の間の期間を指します。

(小“寒”と大“寒”の間だから寒中なんですね)

時期としては1月5日から2月3日の節分くらいまでを言います。

 

寒中という名前が示すように一年で一番寒い時期になります。

寒中見舞いは、そんな寒い時期に相手の体調を気遣って送る挨拶状なのです。

ですので、寒中見舞いを送る場合は、新年のあいさつよりも相手の体調を気遣うような文面を心掛けると良いですね。

 

 

 

 

年賀状、寒中見舞いの注意点

 

年賀状は年賀はがき、寒中見舞いは通常のはがきで送るのが基本です。

 

とはいえ、そううまく年賀状の予備がない場合だってありえますよね。

 

年賀状として送りたいけど年賀はがきを切らしてしまった場合

 

通常のはがきを使い、切手下あたりに赤字で「年賀」と書くと良いです。

 

年賀状をやめて寒中見舞いを送る場合

 

寒中見舞いを年賀はがきで送るのは失礼にあたります。

年賀はがきの余りを処分しているととられるためです。

ですので、寒中見舞いは必ず年賀はがきを使わないようにしましょう。

 

 

まとめ

 

・年賀状を出すのは1月7日まで
・投函が7日まででも、相手に届くのが1月8日以降の場合は要注意!
・松の内を過ぎたら寒中見舞いで!
・通常のはがきを年賀状に使うのは○
・年賀はがきを寒中見舞いに使うのは×

 

 

年賀状をもらったけど返事をしそびれた…かといって今さら送るのはどうだろう。

って悩んでいる人もちょっと考えてみてください。

送った側としては、返事がないよりもたとえ遅くなっても返事があった方が嬉しいですよね。

 

今回の記事を参考にして相手に返事を送ってみましょう!

 

 

 

スポンサーリンク